サプリメントはうまく活用&摂りすぎ注意

妊娠中の葉酸の必要性が良く聞かれるようになり、葉酸摂取を心がけている妊婦が本当に増えてきたみたいです。

 

赤ちゃんの健康を考える意識が高まるのはいいことです。

 

ただ、葉酸の摂り方を聞いてみると、心配な摂り方をしている人も見受けられました。

 

厚生労働省ではサプリメントを利用した通常の食事以外での葉酸摂取量は1r以下にする指針を出しています。

 

葉酸サプリや葉酸入り食パン、葉酸入り牛乳など、葉酸を加えた食品もたくさん食べられているようです。

 

自然な食品ならいいですが、サプリメントなどの栄養補助食品を大量摂取することは気をつけたほうがいいです。

 

通常の食事において、多く摂り過ぎるのは問題ないようです。

 

妊娠期間の中で、葉酸摂取が推奨されているのは妊娠1か月前から3か月の間です。

 

オーストラリアのアデレイド大学の研究では、妊娠16週以降の後期にサプリメントで葉酸を過剰に摂っていると、30%も赤ちゃんがぜんそくを発症する確率が高くなってしまった、との報告がされています。

 

ただ、こちらの場合も、食品で豊富に摂取している分には、ぜんそくの影響は見られなかったそうです。

 

葉酸は赤ちゃんの健康に必須の栄養素。

 

妊娠時期に合わせて、上手にサプリメントなどを活用し、生活習慣の見直しと一緒に、うまく摂取するようにしていきましょう。